【2018年】Netflix おすすめ未完アニメ

/未完だけどおすすめアニメ

管理人は比較的アニメも見るほうで実際結構な数を見ているのだけど、なかなか最近のアニメは原作の販売促進キャンペーンとしてアニメ化されるという場合が多くて、アニメだけでは完結しているものが少ないかったり、もしくは次シーズンはあるらしいけどいつになるかはわからない…なんてことが多く面白いとしてもなかなかオススメしにくい作品が多い。とは言えアニメ先進国日本でアニメを見ないという手はないとも思うので、ここではあえて”完結していないが十分面白い”と管理人が思ったアニメを紹介する。?またNetflixにおいてアニメは入れ替わりが激しいので随時更新していこうと思う。

 

ネットフリックス おすすめ未完アニメ 「GODZILLA 怪獣惑星」

(C)2017 TOHO CO.,LTD

【もっと評価されるべき】GODZILLA 怪獣惑星【アニメ映画】

ポリゴン・ピクチャーズ製作アニメ映画「GODZILLA」3部作の1作目。脚本は魔法少女まどか☆マギカ?、Fate/Zero?、PSYCHO-PASS サイコパスの虚淵玄。3部作の一作目だから導入部分が多くて退屈…という意見もネット上にあったが管理人としてはそんな印象は受けなかった。この一作でストーリー的にも一旦落ち着くところまで描いているし、その上で2作目が見たくなるような出来になっていると思う。それでもオススメ度としては全体の3分の1のストーリーということもあり若干低めにはなっているが、個人的には面白かった。シン・ゴジラのように”会議室で作戦を立てて、作戦を運営していく組織の面白さ”とは違い、GODZILLAに地球を奪われた人類のリベンジというわかりやすさも魅力だと思う。無敵であるかのようなGODZILLAという存在に果敢に挑んでいく人間たちが熱い。映画サイズなので見やすいしオススメ。また2018年1月21日の時点でまだ劇場公開もしているのであえて映画館に見に行くのもいいかもしれない。


スポンサードリンク




ネットフリックス おすすめ未完アニメ 「少女終末旅行」

面白さ:★★★★★★★★☆☆(8点)

少女週末旅行-チトとユーリ(C)「少女終末旅行」製作委員会

「少女終末旅行」 あらすじと見どころ

文明が崩壊した終末世界を2人だけで生きるチトとユーリは、半装軌車に乗りで食糧や燃料を求め廃墟をさまよいながら過去の文明の名残や生き残った人間たちに出会っていく。

あらすじだけ読むと悲惨な話なのかな、と思ってしまうかもしれないけれど、実際にはそんな設定の中の”ほのぼの日常系”アニメである。舞台について詳しく説明はないが、恐らく大きな戦争の後に文明が崩壊してしまった世界。そして物語の大半は、チトとユーリがそんな”終わってしまった世界”を旅していく中で浮かんだ素朴な疑問について、まったりとしたテンションでおしゃべりし続けるといった内容になっている。チトもユーリも何やらまったりした口調でユーリがボケ、少しだけ口の悪いチトがツッコミと具合で会話が進んでいく。例えば「カメラってなんのためにあるんだろう?」といった疑問だったり、現代に生きる僕たちが当たり前と思っている事柄が存在しなかったり、普段目にするようなモノではなくなってしまった終末世界での日常会話はなかなか深いというか、少なくとも興味深い。また限りなく絶望に近い世界でほのぼの旅をしていく二人の生き様が(全く悲壮感も必死さも見えないが)妙に深いテーマを内包しているように感じてしまうのは僕だけだろうか。地味ではあるものの見始めるとクセになるアニメ。

Netflix(ネットフリックス)で視聴する

 



スポンサードリンク



ネットフリックスおすすめ未完アニメ 「魔法使いの嫁」

面白さ:★★★★★★★☆☆☆(7点)

魔法使いの嫁 エリアスとチセ (C)魔法使いの嫁製作委員会

「魔法使いの嫁」 あらすじと見どころ

生まれつき人ならざるものを見ることができるため他人からも家族からも疎まれ、不幸と孤独にまみれて生きてきた日本人のチセこと羽鳥智世は、自暴自棄となり謎の男が薦めるままイギリスに渡り、闇のオークションに「商品」として身を委ねる。その会場でチセは骨頭の人外エリアス・エインズワースに500万ポンド(約8億5000万円)で落札される。今までの人生に悲観的なチセに対して、エリアスはチセが魔法使いとして大きな素質を持っていことを明かし、自身の弟子にしつつ嫁にするつもりであることを告げる。イングランドでの生活のなかで、チセは自身と同様に不幸な境遇の人々と出会い、彼らの心を救う中で自身の過去とも向き合うようになる。~wikiより

書店員が選んだマンガランキング2015では1位、ツタヤの漫画レンタルコーナーで一時期ずっと一位だった作品。漫画で読んでも面白いけれど、全ての登場人物の話し方のトーンがとても落ち着いていて、漫画では表現しきれない雰囲気が出ている分アニメのほうが良いように思える。「魔法使いの…」とはいうものの、魔法を使ったバトルとかではなく、魔法や妖精という世界観や設定をモチーフに使った心温まるお話が多い。オムニバス形式ではないが、現シーズンに限って言えば大体1、2話で話が区切れているもの見やすい。だがその反面次がめちゃくちゃ気になるというタイプのアニメではないとも言える。前半12話は穏やかな気持ちになりたい時にオススメ(2017年12月時点)。

Netflix(ネットフリックス)で視聴する