スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【a】Uber Eats オーダープログラム

人気記事

スポンサーリンク

【シーズン2配信】コミンスキーメソッド【ゴールデングローブ受賞|爺さんコメディ】

スポンサーリンク

最近の投稿

コミンスキーメソッド-タイトル2018 Warnaer Bros.Entertainment Inc.

「コミンスキーメソッド」 Kominsky Method

コミンスキーメソッド 2018年 Netflix オリジナルドラマシリーズ シーズン1(8エピソード)
原作・制作:チャック・ロリー
出演:マイケル・ダグラス, アラン・アーキン, サラ・ベイカー, ナンシー・トラヴィス, スーザン・サリヴァン, リサ・エデルスタイン, エミリー・オスメント, グレアム・ロジャース, ジェナ・リング・アダムス, アシュリー・レイトロップ, メリッサ・タン, ケイシー・トーマス・ブラウン, アン=マーグレット, ダニー・デヴィート

『コミンスキー・メソッド』予告編 – Netflix [HD]

 


スポンサードリンク



「コミンスキーメソッド」 あらすじ

2018 Warnaer Bros.Entertainment Inc.

ハリウッドで演技指導をしているサンディ・コミンスキー(マイケル・ダグラス)は過去に俳優としてブレイクしていたが、その後人気は下火になったあとなかなか俳優として活躍できずにいた。サンディのエージェントであり長い友人であるノーマン・ニューランダー(アルキン)はサンディのために仕事を見つけようとはするものの、サンディになかなか仕事を取ってくることができなかった。二人はまだまだ元気であるものの自分たちが老人であることを自覚しながら、年相応にやってくるイベントや体調不良などに翻弄されながら生きていく。

 

ビッグバンセオリーのチャック・ロリー企画・制作のコミンスキーメソッド

「コミンスキー・メソッド」はビッグバンセオリーで企画・製作総指揮をしていたチャック・ロリーが同じく企画・製作総指揮として関わっている。他にも「ダーマ&グレッグ」、「ハーパーボーイズ」など日本ではそこまで有名ではないが、アメリカではヒットしているシットコムを作っている。Netflixでは「ハイ・ライフ」に続き「コミンスキーメソッド」が二作目にあたる。

 

コミンスキーメソッド 登場人物

サンディ・コミンスキー(マイケル・ダグラス)


主な作品が『危険な情事』、『ローズ家の戦争』、『氷の微笑』、『ディスクロージャー』と女性に翻弄される色男をやっていた印象が強い。それもあってサンディというキャラクターがとても似合っている。むしろ名前を変えた本人役なのではないかと思うほど。

ノーマン・ニューランダー(アラン・アーキン)

若い頃はミュージシャンとして活動、その後俳優に転身し、1967年には『暗くなるまで待って』でオードリーヘップバーンと共演。近年では2006年「ミス・リトルサンシャイン」でアカデミー助演男優賞、英国アカデミー賞 助演男優賞 受賞、
2012年「アルゴ」でアカデミー助演男優賞 ノミネート

アイリーン・ニューランダー(スーザン・サリヴァン)

1960年代にはダスティン・ホフマンと共にブロードウェイの舞台に立っていた。チャック・ロリー企画・製作の「ダーマ&グレッグ」、「ハーパーボーイズ」にも出演。

リサ(ナンシー・トラヴィス)

上の三人よりはだいぶ若く2018年の時点で57歳。’80年代~’90年代に活躍した女優。

 


スポンサードリンク




コミンスキーメソッド ネタバレなし 感想

コミンスキーメソッド-葬式のリサとサンディ2018 Warnaer Bros.Entertainment Inc.

1話30分と少しととても短い尺にも関わらず第一話を見ただけでサンディとノーマンの二人が愛すべき人間たちだ、ということが十分に伝わってくる。見るからに遊び人だったであろうサンディと妻一筋のノーマンという全く違うキャラクターの二人。彼らの話を聞かない、機械に弱い、短気、意地っ張りなどのおじいちゃん特性がうまく笑いに変えられていて、普通なら苛つくであろうそれらの悪癖が彼らをより魅力な人間に見せている。お互いが持つ爺さん特性を理解し、互いを受け入れながら続いていく彼らの友情や人間関係がこんな風に歳をとっても友達と時間を過ごせたらいいな、と思わせてくれる。彼らがやり取りの中で見せる思慮深さに説得力があるのもマイケル・ダグラス、アラン・アーキンの芝居の細かさがあってこそなのだろう。特に説明はなくとも彼らの芝居にかかれば、サンディとノーマンが経験してきたであろう山あり谷ありの人生が彼らの背景として垣間見えるような気がする。そんな二人の小気味良いやり取りの中に混ぜられている自然なジョークも笑える。またサンディとリサの関係も興味深い。大人の男女という関係を何周か回った後に至る境地なのか、特にリサのサバけた性格がとても魅力的だ。具体的に劇中の二人が何歳なのかという言及はなかったと思うが、彼らの恋愛は男女のあるあるを熟知したうえでの大人の恋愛でありながら、やはりいくつになっても変わらない部分もあったりする。フィクションながらあれくらい年齢の男女の恋愛観がコミカルに描かれているのも見どころの一つではないだろうか。

正直、チャック・ロリー企画製作の前作「ハイライフ」はイマイチだったが「コミンスキーメソッド」はかなりよかった。サンディとノーマンのようにキャラクターが立ったドラマは見ていて飽きないので是非次のシーズンを期待したい。

 

第76回ゴールデングローブ ミュージカル / コメディ部門作品賞受賞 シーズン2製作へ

「コミンスキーメソッド」は2019年1月6日に発表された第76回ゴールデングローブにてミュージカル / コメディ部門作品賞を受賞。また主演のマイケル・ダグラスは男優賞を受賞している。
また2019年1月末にはシーズン2の製作が開始される。

 

「コミンスキーメソッド」 Kominsky Method シーズン2 ネタバレなし 感想

コミンスキーメソッド シーズン2
2019 Warnaer Bros.Entertainment Inc.

シーズン1と同じノリで始まったかと思うといきなりノーマンがグレていたりと早速笑わせてくれる。おじいちゃんネタはまだまだネタ切れの心配はないようだ。シーズン1よりもサンディが丸くなり、ノーマンがよりおじいちゃん気質が増したような感じはするが二人の掛け合いの安定感も健在で全8エピソードサクっと見れてしまった。サンディの娘の彼氏として登場する新たな男性キャラも交えて、ロサンゼルスで生きる還暦を過ぎた男たちの悲喜こもごもが相変わらず面白い。今回は特にノーマンの「堅物が年を取って人の話を聞かず主張が強くなった結果、イカれてる」という部分が光っていたように思える。マイケル・ダグラスが完全に老人なのにイケメン過ぎるとか、出てくる女性も高齢なのに美人というハリウッドならではのビジュアルも不思議な魅力がある。強いて言えばラスト2話くらいで少しテンションが下がったような感じで、特にシーズン2の最終話が「え、ここで終わり?」というちょっと中途半端な感じに見えたのは残念だけれど、全体的に見ればシーズン1と劣らず面白かったと思う。