スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

スポンサーリンク

【軽度脳性麻痺でゲイ男性の日常とは?】「スペシャル Special 理想の人生」

スポンサーリンク

スペシャル 理想の人生 タイトル
(C)2019 Warner Bros. Entertainment Inc

「スペシャル 理想の人生」

「スペシャル 理想の人生」 アメリカ 2019年 シーズン1:8エピソード
原作・制作:ライアン・オコンネル
出演:ライアン・オコンネル, ジェシカ・ヘクト, プーナン・パテル, マーラ・ミンデル, オーガスタス・プリュー, パトリック・ファビアン

Special: Season 1 | Official Trailer [HD] | Netflix

「スペシャル 理想の人生」 あらすじ

スペシャル 理想の人生 ライアンと母
(C)2019 Warner Bros. Entertainment Inc

生まれつき軽度の脳性まひをもち、ゲイのライアンは母親に守られた世界を飛び出し、インターンとしてウェブニュースを書く仕事をすることになった。ライアンにとって実社会への新たな一歩は大きなチャレンジであり、文字通り新たな世界との出会いだった。

ライアン・オコネルは主演でありこのドラマの原作者でもある。「スペシャル 理想の人生」はライアン・オコンネルが2015年に出した“I’m Special: And Other Lies We Tell Ourselves,”をベースにしている。

脳性麻痺とは

脳性麻痺とは、運動困難と筋肉のこわばり(けい縮)を特徴とする症候群です。 原因は、出生前の脳の発育過程で生じた脳の奇形か、出生前、分娩中、または出生直後に起きた脳損傷です。 脳性麻痺の原因としては、分娩損傷(分娩中に起きる外傷)、酸素欠乏、感染症、脳の奇形などがあります。脳性麻痺 – 23. 小児の健康上の問題 – MSDマニュアル家庭版

「スペシャル 理想の人生」登場人物

ライアン・オコンネル(本人役)

彼が街を歩いていて一番イラっとすることは、道行く知らない人に「大丈夫?」と聞かれることだそうだ。ちなみに「ブレイキングバッド」でウォルターの息子で脳性まひを患っていたジュニア役のロイ・フランク・”R.J.”・ミッテ Ⅲも実は軽度の脳性まひなのだとか。

オリヴィア(マーラ・ミンデル)

「スペシャル 理想の人生」 ネタバレなし 感想

スペシャル エッグウォーク
(C)2019 Warner Bros. Entertainment Inc

主人公のライアンは軽い脳性まひを生まれつき持っていて、ゲイ。日本人にとってはまだゲイという存在もそこまで一般的ではないのに、そこに軽い脳性麻痺まで加わった主人公の話なんておそらくほとんどの人が初めて見るタイプのドラマだと思う。しかもダークコメディ。ライアンは脳性まひというハンデを背負っているせいか引っ込み思案な性格ではありながらも、とても穏やかな性格。生まれつき脳性まひであるため細かい作業ができなかったり、うまく歩けなかったりはするけれどそれ以外は正常。一見すると健常者と思われてしまう彼は、健常者でもなく、重度の障害者でもない自分に少しだけ憤りを感じている。そんなライアンが職場の同僚キムと友達になったり、一人暮らしを始めることで少しずつ心と世界が広がっていくというお話。物事に対して率直なキムと引っ込み思案なライアンの会話だけで結構興味深く見れてしまう。ライアンの過去の出来事については描かれていないけれど、諦めることに慣れすぎていて、望んではいない結末にも笑顔でスルーしてしまうという生き方が悲しくも見えるが、同時に自分ではどうにもできない事柄にとらわれずに前向いて生きる方法とはこんな感じじゃないかとも思ってしまう。もし自分にどうしようもない劣等感を持ったことがあれば、このあたりには共感できるかもしれない。「スペシャル」は1話が15分程度というドラマにしては珍しい尺で、またこの尺を使った演出がとてもうまい。一見すると日常の一コマでしかないシーンだけど、ラストシーンとして使われると彼らにとっては大きな意味を持つ場面なんだな、とエンドロールが流れることで気づかされたりする。一話が短いうえに全8話、さらに中途半端なところで終わっているけれど面白かった。彼らの日常はもっと見ていたい。

ただ、2話目、3話目あたりはゲイ的シーンは慣れてない人にはかなりキツいと思われるなので注意が必要