スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

スポンサーリンク

【初心者から英語を独学】Netflixで学ぶ英語 リスニング・発音

スポンサーリンク

最近の投稿

英語English

Netflixで勉強する英語 リスニング・発音

実は英語学習歴12年の管理人ライスがNetflixを使った英語の勉強法とリスニング練習に向いているおすすめのNetflix作品をご紹介します。英語字幕、日本語字幕はもちろん、モノによっては日本の作品で英語吹き替え版もある作品も存在するのでNetflixは英語を独学するためにかなりコスパの良い教材だといえます。ページ後半では英語の勉強をこれから始める方や、英語の勉強はしているもののなかなか上達しないという方におすすめの勉強法をご紹介します。

 

英語 リスニング Netflixを使うとココがイイ おすすめポイント

セリフと字幕が同一

ネットフリックスオリジナル作品の字幕はDVDなどと違い英語字幕を表示した時、登場人物の言っているセリフそのままが字幕になっていたりします。本来英語作品の英語字幕はC.C(クローズドキャプション)といって聴覚障害者及び難聴の人がテレビ放送やビデオソフトを楽しむためにアメリカ合衆国(米国)で義務化されている方式です。従来の映画やドラマのこの字幕は読みやすさを重視して実際登場人物が話すセリフが違っている場合も多いのですが、Netflixオリジナルならほぼ同じ内容が表示されます。

その場で字幕を切り替えることができる

DVDなどだと再生するデバイスにもよりますが、字幕を日本語から英語へなど切り替えるとシーンが変わってしまうことがあります。Netflixなら視聴中に英語の表現が気になったらその場で英語字幕に切り替えたり、逆に日本語字幕に切り替えたりできます。吹き替えを切り替える場合も同様でほぼ同じ場所から再生できるので、気になる英語をチェックしたいときに便利です。

 

 

これから英語を独学するしようとする人へ

細かいことは気にしない

これから英語の勉強を始める人に最も重要なこと先に言っておきます。それは

細かいことは気にしない、ということです。

英語に興味が出て勉強し始めるとわからないことは本当にびっくりするほどたくさん出てきます。そしてわからないことにぶつかったときにそこで立ち止まってしまうのは効率が非常に悪いです(僕は比較的この傾向がありました)疑問を持つことももちろん大事ですが、すべてを一発で理解するのはおそらく不可能なので聞いた時ピンとこなかったら、”そういうもの”として覚えておいて先に進んだほうが効率が良いです。そして何度も同じ疑問に出会ううちにそのうちわかってきたりします。逆に出会わなければ忘れてしまうでしょうが、それでいいのです。

何度も覚えては忘れての繰り返しで英語は少しずつ身についていきます。

なので独学ベースで英語を習得するための秘訣は

とにかく楽しく英語に触れていられる方法を常に探すことなんです。

常にこれを意識していればあなたの英語はきっと伸びます。

あともう一つ。

 

リスニング課題の作品の日本語の字幕は極力見ないこと

ある程度英語を聞き取れるようになれば日本語の字幕を出していても、英語では何を言っているかを聞き取ることができるようになりますが、できないうちにこれをすると十中八九日本語をただただ読んでしまうので練習になりません。リスニングの練習として映画やドラマを見る場合は字幕を付けるとしても英語のもの、日本語字幕の表示はどうしても意味がわからない時だけにしましょう。

 

Netflixオススメ作品 英語勉強 単語・発音編向け 初級

子供向けの映画やアニメがやはり難しい言葉が少なく難易度が低いのでおすすめです。

マダガスカル

マダガスカル

カンフーパンダ

カンフーパンダ

ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン

上記作品は関連作品が多いのでシリーズで見るとより良いです。同じシリーズを見続けると登場するキャラの声や話し方にも慣れるのでリスニング効率が良いという利点があります。ただ、同じシリーズを見続けた後で他の作品を見ると意外に聞こえなくてビックリするかもしれません。でも大丈夫できるようになった!→あれ、そうでもないな…を繰り返して英語は伸びていきます
ヒックとドラゴンは日本では見事にコケましたが、実はドリームワークスのアニメの中ではシュレックを除けば最も成功したアニメなんです。大人が見ても楽しめると思います。

またNetflixでは見れませんが、日本人にとって世界で一番聞き取りやすい英語作品は「Kiki’s delivery service(魔女の宅急便 北米版)だと思います。上記が難しければ、これから始めてみるのもよいでしょう。

Kiki’s delivery serviceの視聴はパソコンで少し工夫しても見れますが、よくわからなければリージョンフリーのDVDプレイヤーを買ってしまうのが一番簡単で便利です。

リスニングと同時に発音練習もやると良い

英語を聞き取れるようになるために発音練習をするのは、実はとても良い相乗効果があります。日本人には子音という概念がありません。例えばTHの音だったり、RやLの音が日本人には難しいとよく言われますが、これは勘違いです。日本人にはすべての子音が難しいはずなんです。だって、英語に触れない限り英語の音を発声したことがある人はほとんどいませんから。ついでに言えば母音だって難しいはずなんです。なぜなら日本語と英語で全く同じ発音の音は実は一つもありません。英語をカタカナ表記するので、一見同じ音がありそうな気はするんですがカタカナ英語は英語を無理やり日本語の音に落とし込んでいるものなので、ほとんど別物だと思ったほうが良いです。

もし正しい発音に興味が持てれば、リスニングと同時に発音練習も始めたほうが効率の良さから考えてオススメです。正しく発音できるようになれば、正しい音が認識できるようになるのでリスニング力も向上します。

 

Netflixで英語勉強  オススメ作品 和訳付きリスニング編 中級~

子供向けアニメは結構聞き取れる人、もしくは子供向けすぎて退屈で見てられない人は大人向けアニメが良いです。なぜアニメが良いかというとアフレコのほうが無音のスタジオで録音するため録音環境が良いため実写ドラマに比べて段違いでクリアな音声になります。また大人向けアニメの中でも日本人原作のストーリーに英語吹替がついているものが特にオススメです。これは日本語のセリフを英語に翻訳したほうが、日本人にとってわかりやすい英文になることが多いためです。アニメが苦手な人は日常系のシットコムやドラマから入ると良いでしょう。

Devilman crybaby

devilman crybaby

アグレッシブ烈子

アグレッシブ烈子

アレクサアンドケイティ

アレクサアンドケイティ

ユニークライフ

ユニークライフ

フレンズ

フレンズ

 

 

英語 リスニング練習 やり方

自分のレベルに合いそうで、好きな作品が見つかったら早速リスニングの練習を始めてみましょう。一般的にリスニングは字幕なしで内容が20%くらい理解できてはじめて効果が出るといわれています。会話のすべてはわからないけれど挨拶だとか一部分はわかる、はっきりとはわからないけれどなんとなーくセリフの意味がわかる(想像がつく)大体こんなイメージです。理屈としてはわかる部分があるから、その前後の会話が想像がつき、想像できるから聞きやすくなる、このサイクルで聞こえない部分がだんだん聞こえるようになります。英語を独学するなら、自分にとって効果がありそうかどうかを見極めるのはとても重要です。とは言え難しく考えなくても映画で勉強するなら判断基準は簡単です。字幕なしで見て眠くなってしまうようならレベルか作品が自分にあってません。退屈しない作品を選びましょう。

聞き流すだけでは英語は上達しないので、変なうたい文句には惑わされないようにしましょう(笑)

まず英語字幕を表示して1回通して再生します。

●内容が理解できた

英語字幕さえ出ていればほとんど理解できたのであれば、もう一度再生して聞こえなかった部分だけ繰り返し再生し何度も聞きましょう。その時セリフを声に出してみるとよいです。同じテンポでいえるように練習してみましょう。ある程度練習したら次の聞き取れない部分まで再生し、同じように繰り返し聞きつつセリフを声に出して練習します。この方法で2周、3周と見ていき飽きるまで繰り返すと良いでしょう。飽きたら違う作品に変えて、同じように行いましょう。そもそもある程度聞こえるなら子供向けのアニメよりも、自分が好きで何度も見れる作品を選んだほうが良いかもしれません。

●内容があまり理解できなかった

セリフが聞き取れなかった、英語字幕を見てもパっと意味がわからなかったのなら二度目の再生ではわからない部分で一時停止をして、英語字幕の意味がわからないならオンライン辞書等を使って調べます。ゆくゆくは英英辞典で調べるのが理想ですが初めのうちは英和辞典でOKです。単語の意味をなんとなく頭に入れて、その部分を繰り返し同じセリフを聞きます。可能であれば口真似もしてみましょう。ある程度練習したら、次の聴き取れない部分まで再生し同様に繰り返しセリフを聞きます。これを繰り返して最後まで見てみましょう。

最後までやってみて、もう一周練習しようという気になればもう一周、なんかつまんないなと思ったら違う作品に変えましょう。Netflixに入っていれば候補は山ほどあります。

●そもそも英語だと字幕が読めない

英語を独学するなら、読むしかないです(笑)でも大丈夫!中学、高校で英語はなんとか触れないように生きてきたとしても使える英語を勉強する上で受験英語は正直邪魔なことも多いです。英語の辞書を調べながらでよいので下記のような第二外国語として英語を学ぶ人用のテキストを1冊か2冊やればなんとなく読めるようになると思います。これらのテキストは少し高く、しかもすべて英語で書かれているので抵抗があるかもしれませんが、例えばアメリカやオーストラリアで英語の語学学校へ行くとほとんどこのテキストを渡されます。これらは英語圏以外の国の人に向けて書かれた文法のテキストなので、すべて英語で書かれているものの慣れればそんなに難しいことはありません。逆に日本の受験英語用のテキストは使わないほうがいいです。
僕も社会人になって英語を勉強し始めるまで英語は避けて通ってきていたので、最初にこのグラマー本をやりました。

中学英語ならなんとかわかる人向け↓

中学英語すら怪しい人向け↓

●全然聞き取れる気がしない

もし子供向けの作品を見て全くセリフが聞き取れない、内容もよくわからないのだとしたら、もう一つステップを下げたほうが良いです。市販のリスニング本で少し耳を慣らしてから映画などを使って勉強を始めたほうが効率が絶対に効率が良いので悲観せずに自分のレベルにあった教材を見つけるのが近道です

 

リスニングの上達には精聴、多聴、発音

上記でも書きましたがリスニングは大体20%くらい聞き取れるレベルの英会話をたくさん聞く(多聴する)ことでてはじめて伸びていくといわれています。ただ、その20%聞けるようになるためには聞こえない部分だけを繰り返して何度も聞くという精聴が必要です。そしてその精聴は、ただ聞いているだけではなかなか伸びません。人間は自分が発声できない言葉を言語としてなかなか認識できないからです。つまり、正しい発音を知り、正しく発音できるようになることが実はリスニング上達の近道なんです。

ちゃんとした発音しようと思うと日本語を話すうえでは使わない舌の動きが必要になります。なので正しい発音ができるようになるまで訓練が必要になります。
なので可能であれば、初心者の人は発音を勉強するCD付きの本なんかを買って発音練習と好きな作品を使って精聴をひたすらやるのが良いと思います。

ただ飽きてしまったり、つまらなくなってしまってやめてしまっては意味がないので無理はせずに気の長い趣味のつもりでやるとノンストレスで勉強できます。
教材は合わなければどんどん変えて、自分に合うものを見つけたほうが良いと僕は思います。

英語の勉強は長丁場になるのであまりにもつまらなく感じることを無理やり頑張るのを僕はオススメしません

会社に言われてTOEICのスコアを今すぐにでも取る必要があるだとか理由があるならまぁ、ある程度頑張るしかないですが…。それでも頑張ったってやっぱり思った以上に時間はかかるので、やはりできる限り自分に向いているやり方や、楽しくやれる方法を模索すると良いと思います。

 

 

リスニング レベルごとに何作か課題作品を設定しておくと良い

何度か練習して飽きてきたら、どんどん違う作品に変えていくのがいいですが自分の中のレベルアップの課題として三作品くらいあると後から自分がどれくらい伸びたのか確認することができます。どれくらい伸びたか確認できるようにしておくのは独学で英語学習するうえでとても大事なのでぜひ基準になるものを作っておきましょう。

例えばに僕が勉強始めて半年後くらいはこんな感じでした。

Kiki’s delivery service(英語版魔女の宅急便)

ストーリーを完全に覚えていることもあり、半分くらいは聞こえるような気がする。

ファインディング・ニモ

何とか字幕なしでストーリーはわかるような気はする。でも細かいところはわからないし、そもそもシンプルなストーリーなのでこれで字幕なしでストーリーが理解できたといえるのだろうかという疑問が常に抱くような状態。でもストーリーは何となくわかるし、何となく聞こえている英語もある気がするので多分これくらいが20%なんだろうと思うに至る。

About a boy ヒューグラント主演 イギリス発音

会話が速すぎて字幕がなければついていけない。ストーリー的に動きが少ないので内容があまりわからない。作品自体は好きなので何度も見れるけれど、今のレベルでは無理だなと判断。
※Netflixで見れます。

Pulp fiction クエンティン・タランティーノ監督

スラングてんこ盛り+早口で難易度高すぎ。でも映画自体が好きなので字幕がなくても何度も見れたので何か月に一度かチャレンジする。
※以前はNetflixで見ることができました。

その後英語学習を続けていくとやっぱり簡単なものから聞こえるようになってきました。

 

Netflix(ネットフリックス)で勉強する英語 リスニング まとめ

もし英語ができるようになりたい、TOEICの点数が会社で必要だ、なんて思っている方のための英語教材としてはNetflixはとても良いと思います。特に日本のアニメに英語吹き替えバージョンがあるもの(Devilman crybaby、アグレッシブ烈子、バキなどNetflixオリジナルと書いてあるアニメ作品)は普通の英語作品より日本人にとってわかりやすい英語になっているのでオススメです。英語のリスニングを独学する際に一番大事なのは何度見ても楽しめる作品を見つけることだと僕は思います。興味がある方はぜひ試してみてくださいね。

また以下のページではNetflixで見られるリアリティーショー「テラスハウス」に英語字幕をつけて勉強する方法を紹介しています。