シーズン2は…「グッドプレイス」

おすすめ度:★★★★★★★★☆☆(8点)

グッドプレイス タイトル(C)2016 Universal Television LLC.

あの世が舞台のドラマ「グッド・プレイス」

「グッド・プレイス」 2016年 シーズン1 2017年 シーズン2 1エピソード 22分
原作・制作:マイケル・シュア
出演:クリスティン・ベル、テッド・ダンソン、ジャメーラ・ジャミル、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ダーシー・カーデン、マニー・ジャシント

Netflix(ネットフリックス)で視聴する

 


スポンサードリンク




「グッドプレイス」あらすじ

ある日、目覚めたエレノア・シェルストロップ(クリステン・ベル)は自分が「Welcome! Everything is fine」(ようこそ!すべてうまくいく)と壁に書かれた部屋のソファに座っていることに気付く。ほどなくしてマイケル(テッド・ダンソン)が隣の部屋から顔を出し、次は君の番だとエレノアを部屋に呼ぶ。部屋に入るとマイケルはエレノアは死んで死後の世界にいること、また死後の世界には「いいところ」と「悪いところ」の2種類があり、エレノアは「いいところ」にいるのだと説明する。生前良い行いを積んだ一部の人だけに来ることができる「いいところ」に自分がいると聞き、安心するエレノアだったが、マイケルの話を聞くうちに彼女は自分が「いいところ」にいるのは何かの間違いだと気づくのだった。なぜならエレノアが生前に行ってきたとされる良い行いに彼女自身全く覚えがなかったのだ。エレノアはどういう理由で自分が「いいところ」にいるのかはわからなかったが、人型情報端末のジャネット(ダーシー・カーデン)曰く、どうやら「悪いところ」はとても恐ろしい場所らしいと知る。かくしてエレノアは自分が誰かと勘違いされて「良いところ」に来たことを隠し「良いところ」で過ごしていくために、生前倫理学の教授をしていたチディ・アナゴンエ(ウィリアム・ジャクソン・ハーパー)に協力を仰ぎ、自分も良い人間になろうとするのだった。

グッドプレイス すべてうまくいく(C)2016 Universal Television LLC.

 

天国≒「いいところ(グッドプレイス)」

死後の世界、その中でも「いいところ」は人々は生前に思い描いた理想な家に住めたり、空が飛べたりするといった夢のような楽園。ただ間違ってやってきたエレノアに与えられたのは小さな家。家の中には何故かいたるところにピエロの絵が飾ってあるという風変わりな家だった。また「いいところ」には自分のソウルメイトが必ずいることになっているが…エレノアのソウルメイトとして紹介されたチディは、エレノアが別人なのだから当然ソウルメイトではない。じゃあチディの本当のソウルメイトはどこに?など細かな疑問が浮かんでくるあたりも物語への興味を駆り立てる。

グッドプレイス エレノアとチディ(C)2016 Universal Television LLC.

 

 


スポンサードリンク




「グッドプレイス」は童話か!ってくらいのわかりやすさ

エレノアは自分が何故「いいところ」にいるかはわからないが、エレノアが何か悪さをすると「いいところ」の秩序が乱れてしまうらしく、エビが空を飛び、巨大な昆虫やカエルが街を襲う等、世界が無茶苦茶になってしまうのだった。世界を混乱に陥れないためにも、自分が「悪いところ」に行かされてないためにもエレノアは良い人間になろうとする。だが生前のエレノアは良い人とはかけ離れた性格で、法には触れていないけれど明らかに人間としてどうかと思う行動ばかりを取るような性格の悪い自己中心的な人間だった。と言っても現実世界ではいないレベルのぶっとんだ性格の悪さはむしろ笑える。

グッドプレイス 大混乱(C)2016 Universal Television LLC.

 



スポンサードリンク



「グッドプレイス」は1話で1、2回かならず驚きの展開

脚本がとても凝っていて、1エピソード22分の間に登場人物の突飛な行動や話の展開にかならず驚かされる場面が挟まれ、特に毎回のラストにはしっかりと次がみたくなるようなフリがある。そんな具合でサービス精神が細部に行き届いたドラマになっている。一見テーマはなんだか堅苦しい感じだし、メルヘンすぎる演出もあいまって優等生タイプな道徳めいたドラマに見えるかもしれない。でもきっと先へ進めば進むほどそんな印象を良い意味で覆してくれるはずだ。メルヘンな演出はそのままではあるが(笑)またマイケルやジャネットのように”人間ではない”登場人物の無意味で不思議な行動も面白い。

グッドプレイス マイケルとジャネット(C)2016 Universal Television LLC.

 

 


スポンサードリンク