スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

  1. 【シーズン3へ】キングダム【16世紀韓国ゾンビ】
  2. 【2020】ネットフリックス 泣ける作品
  3. Netflix(ネットフリックス)おすすめオリジナルドラマランキング【2020年版】
  4. 【2020年】Netflixオリジナル映画ランキング
  5. 【2020】Netflix 厳選おすすめ映画
  6. 【2020】ネットフリックス 笑える作品
  7. ブラックミラー【オススメ10選+各話評価+シーズン5ネタバレなし感想追記】
  8. 2020年7月配信作品 Netflix 最新ラインナップ
  9. 【読めば簡単】Windows10でネットフリックスをダウンロード
  10. ペーパーハウス【造幣局強盗ドラマ2020シーズン4配信】

ジョーブラック「ポルカ・キング」

スポンサーリンク

新着記事

2020年7月配信作品 Netflix 最新ラインナップ

Netflix2020年7月は映画配信で「新聞記者」、「万引き家族」、「ジョーカ ...

Netflixアニメ「日本沈没2020」レビュー

アニメ 日本沈没2020 概要 監督:湯浅政明 出演:上田麗奈、村中知、佐々木優 ...

Netflixドラマ「13の理由」レビュー シーズン4(完結)

「13の理由」シーズン2ネタバレなしレビューはこちら 「13の理由」シーズン3ネ ...

Netflixドラマ「呪怨 呪いの家」レビュー

Netflixドラマ「呪怨 呪いの家」 出演:荒川良々、黒島結菜、里々佳、長村航 ...

IMdbスコア脅威の9.2台湾ドラマ「悪との距離」レビュー

IMdbスコア9.2の台湾ドラマ「悪との距離」 監督:リン・ジュンヤン 主演:ア ...

ポルカキング-タイトル(C)2017 Polka King IP,LLC

悪気なさそうな実在する詐欺師「ポルカキング」

「ポルカ・キング」 2018年 ネットフリックスオリジナル映画 アメリカ 1時間34分
監督:マヤ・フォーブス
出演:ジャック・ブラック, ジェニー・スレイト, ジェイソン・シュワルツマン, ジャッキー・ウィーバー, J・B・スムーヴ

The Polka King | Official Trailer [HD] | Netflix

 

 


スポンサードリンク




「ポルカ・キング」 あらすじ

ポルカキング-ヤンレヴァンバンド
(C)2017 Polka King IP,LLC

音楽で一旗あげようとポーランドからアメリカにやってきたヤン・レヴァンはファンを相手にした投資詐欺に手を染めていくという実話をもとにしたコメディ。

 

ポルカとは

ポルカ(英語・チェコ語など polka)は、1830年頃おこったチェコの民俗舞曲である。速い2拍子のリズムに特徴がある。チェコのほか、タトラ山脈近辺のスロヴァキア、ポーランドなどの山岳地帯にも広がりをみせている。~wikiより

 

JAN LEWAN – Happy Louie Medley

本物のヤン・レヴァン

ポルカの有名曲はレヴァンの曲と違って歌のないものが多いようだ。聞いてみると確かに聞き覚えがある曲も多い。実際歌がないもののほうが良い曲が多い気がする。

ヨハン・シュトラウス2世作曲 ポルカ「アンネンポルカ」
Johann Strauss Ensemble – Pizzicato Polka (Johann & Josef Strauss)
Rachmaninoff – Italian Polka – Dmitry Alexeev & Nikolai Demidenko (Moscow, 2016)
水の消防ページェント◆東京消防庁音楽隊◆ビア樽ポルカ

 

 


スポンサードリンク



「ポルカ・キング」 ネタバレなし 感想

ポルカキング-ヤンレバンとバンド
(C)2017 Polka King IP,LLC

ジャックブラック主演ということで見てみたけれど、実話を元にしているからか大したドラマもなく淡々と話が進み終わっていったという印象。犯罪映画に属すといえるかもしれないけれどジャックブラック扮するちょっと頭が弱くてお人好しで目立ちたがりな主人公が見どころと言えば見どころではあるものの、毒も笑いも少ない。つまらないから視聴を止めるとまではいかないものの、全く感情移入することもできないまま終わっていった。ポルカという音楽ジャンルは楽しいけれど、すべてが同じような曲調に感じてしまい、作中曲の音楽的な良さは僕にはよくわからなかった。ライブシーンは多いのでさほど退屈はしないがジャックブラックのファン以外には特に勧める理由がないように思える。こんなゆるゆるな犯罪者いたんだ〜程度の驚きのために1時間半は少し長すぎるかもしれない。