スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

スポンサーリンク

Netflix ボクらを見る目【最高に胸糞悪いのに面白い】

スポンサーリンク

最近の投稿

ボクらを見る目 タイトル
(C) 2019 Netflix Worldwide Entertainment, LLC.

ボクらを見る目 When they see us 詳細

「ボクらを見る目」 When they see us 2019年 アメリカ 64分~88分(全4エピソード)

原作・制作:エヴァ・デュヴァネイ
出演:アサンティ・ブラック, カリール・ハリス, イーサン・エリセ, ジャレル・ジェローム, マークィス・ロドリゲス, ジョヴァン・アデポ, クリス・チョーク, ジャスティン・カニンガム, フレディ・ミヤレス, マイケル・ケネス・ウィリアムズ, マーシャ・ステファニー・ブレイク, カイリー・バンバリー, アーンジャニュー・エリス, ヴェラ・ファーミガ, フェリシティ・ハフマン, ジョン・レグイザモ, ニーシー・ナッシュ

『ボクらを見る目』予告編 – Netflix [HD]

ボクらを見る目 When they see us あらすじ


(C) 2019 Netflix Worldwide Entertainment, LLC.

1989年の春、28歳のパトリシア・メイリがニューヨーク セントラルパークで強姦、暴行され意識不明の重体で発見された。その夜ヒスパニック系やアフリカ系アメリカ人の若者が大勢セントラルパークに集まっており、警察はセントラルパークに集まった若者のたちを逮捕した。その中にいた当時中学1年~2年のレイモンド・サンタナ・Jr.、 ケビン・リチャードソン、アントロン・マックレイ、ユセフ・サラム、コリー・ワイズたちは未成年にも拘わらず保護者を呼ぶことも許されず、食事睡眠も奪われたうえで数時間にわたる尋問を受け、やってもいない暴行事件の自白を強要されてしまう。そしてDNA、指紋などの物的証拠が全く無いにも関わらず、犯罪者に仕立て上げられてしまう。のちに「セントラルパーク・ファイブ」として知られることになる5人の少年たち。「ボクらを見る目」ではアメリカで実際に起こった冤罪事件の被害者である5人の少年とその家族を描く。

ボクらを見る目 When they see us 登場人物と俳優情報/SNSなど

ケヴィン・リチャードソン 少年(アサンティ・ブラック)

ケヴィン・リチャードソン 大人(ジャスティン・カニンガム)

 

アントロン・マクレイ 少年(カリール・ハリス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

So thankful so many people are watching #WhenTheySeeUs!! Have you watched it?

Caleel Harrisさん(@thecaleelharris)がシェアした投稿 –

アントロン・マクレイ 大人(ジョヴァン・アデポ)

ユセフ・サラーム 少年(イーサン・エリセ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Me, alongside one of the strongest men I know.

Ethan Herisseさん(@ethanherisse)がシェアした投稿 –

ユセフ・サラーム 大人(クリス・チョーク)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#whentheyseeus @whentheyseeus Now on Netflix

Chris Chalk aka Uncle Chrisさん(@mynameischrischalk)がシェアした投稿 –

コリーワイズ(ジャレル・ジェローム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

April 19, 1989. A day our 5 men will never forget. Now neither should the world.

Jharrel Jeromeさん(@jharreljerome)がシェアした投稿 –

レイモンド・サンタナ・Jr 少年(マークィス・ロドリゲス)

レイモンド・サンタナ・Jr 大人(フレディ・ミヤレス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@whentheyseeus ! @ava @netflix , @tribeca , @participant , @oprah . @doll.pop ‍♂️ @jameslasson

Freddy Miyaresさん(@freddymiyares)がシェアした投稿 –

 

アンジー・リチャードソン(カイリー・バンバリー)

ボクらを見る目 When they see us ネタバレなし感想

ボクらを見る目エアコンに喜ぶコリー
(C) 2019 Netflix Worldwide Entertainment, LLC.

とにかく衝撃的な作品。アメリカにおけるアフリカ系、ヒスパニック系への差別はよく聞こえてくるものの、ここまでひどかったという事実を多分僕ら日本人は詳しくは知らない。冤罪に巻き込まれていく少年5人とその家族と、また”ボクらを見る目”にあたる彼らを見る「世間」を同時に描くことで、当時アメリカの司法システムの危うさや根底にある人種差別からこんな無茶苦茶な事件が派生したというプロセスを克明に浮かび上がらせている。

正直言うと僕は冤罪系の作品は胸糞が悪くなるので本当に苦手で、加瀬亮の「それでも僕はやってない」など今まで最後まで見れなかった作品もあって、本作も途中で一旦見るのを止めた。だけどネット上の評価もかなり高く、面白いと言っている人も多いためもう一度頑張ってみると一話目の尋問シーンさえ超えてしまえばあとは事件や関わった人間への圧倒的な興味深さが不快感をあっさりと超えた。最高に胸糞悪いのに面白いのだ。

1話ずつ見てても息切れしそうなくらいしんどいストーリーが計5時間くらい続く。自分でもなぜ見ていて辛くなるような内容のドラマを見続けてしまうのか、視聴中はわからなかったけれど最後まで見た今だとなんとなくわかる気がする。アメリカでの人種差別から派生したこの冤罪事件は単なる対岸の火事ではないのだ。日本の中でも起こっているし、起こりうるし、また自分が当事者になりうることを僕らは感覚的に知っている。

こんなにも悪気なく、あっさりと醜くなれることを僕らは心のどこかで知っている。

システムであったり先入観であったり、自分たちが正義であると信じるに足る何かがあれば僕らだって似たような事件を作り上げてしまうかもしれないし、被害にあうかもしれない。「ボクらを見る目」は事件の持つ感情面に迫ることで単にアメリカでの人種差別という事件にとどまらず、おそらく人間が共通して持っているある種負の部分を白日の下にさらしているかのようだ。

だから多くの差別されることを知らない日本人でも共感に似た興味を持つことができるのではないだろうか。

嘘じゃないか、盛ってるんじゃないかと思うほどひどい事件なのだけど、同じテーマでフィクションを作っても逆に嘘くさくなってしまってこんな説得力を持つことはないだろう。またなぜこれだけ心に刺さるかと言えば、出演している俳優たちの真に迫った芝居ももちろん大いに力を貸している。出演俳優の多くは事件の詳細を学び実在する本人たちに会い、役作りをしたという。

なかなか全ての人に勧めやすい作品ではないし、見ていて不快感のほうが勝ってしまうようなら頑張って見なくても良いとは思うけど、人間の不都合な真実をわかりやすく伝えることができる、という映画やドラマだからこそできることをきっちりやってのけている秀作であると僕は思う。

こういう名作が生まれれば、きっと事件はと風化せずに教訓として僕らの中に残り続けるのではないだろうか。

ボクらを見る目 When they see us 劇中曲

80~90年代の懐かしい楽曲やアーティストが用いられていて時代感を演出するのに一役買っている。

パート1

Special Ed – I Got It Made (Official Video)

Special Ed – I Got It Made

Public Enemy – Fight The Power

Public Enemy – Fight The Power

Anthrax & Public Enemy – Bring The Noise (Official Video)

Anthrax & Public Enemy – Bring The Noise (Official Video)

本編と関係ないけどメタルバンドAnthraxとコラボしているこっちのほうが実は好き。今聞いてもカッコイイ。

Clare Maguire – Falling Leaves (Audio)

Clare Maguire – Falling Leaves (Audio)

パート2

Michael Kiwanuka – Love & Hate

Michael Kiwanuka – Love & Hate

パート3

Que Rico Mi Tumbao – Los Maestros De La Salsa

Que Rico Mi Tumbao – Los Maestros De La Salsa

Dead Prez – Happiness

Dead Prez – Happiness

Pete Josef – Hope

Pete Josef – Hope

112 – Cupid (Official Music Video)

112 – “Cupid”

Don't You Know (Explicit)

Jay-Z – U Don’t Know

The Cinematic Orchestra ft. Roots Manuva – All Things To All Men

The Cinematic Orchestra ft. Roots Manuva – All Things To All Men

パート4

SWV – I'm So Into You

SWV – I’m So Into You

DMX – Who We Be (Official Video)

DMX – Who We Be

Taylor Dayne – Tell It to My Heart

Taylor Dayne – Tell It to My Heart

劇中でパトリシアが暴行を受けた後のシーンで彼女のウォークマンから流れていた曲。

Frank Ocean – Moon River

Frank Ocean – Moon River

Nipsey Hussle "Picture Me Rollin" Official Video

Nipsey Hussle “Picture Me Rollin”