アニメ「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」

おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆(5点)※でも期待感は高いです

悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア タイトル(C) FREDERATOR NETWORKS,INC A WOW! UNLIMITED MEDIA COMPANY

人気ゲーム「悪魔城ドラキュラ」をNetflixがアニメ化「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」

「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」 2017年 7月 シーズン1 4話

製作:フレドレター・スタジオ、ワウ・アンリミテッド・メディア
脚本:ワーレン・エリス
製作総指揮:ワーレン・エリス、ケビン・コールド、フレッド・セイバート、アディ・シャンカル
声の出演:リチャード・アーミティッジ、ジェームズ・キャリス、グレアム・マクタヴィッシュ、アレハンドラ・レイノソ、マット・フルーワー、エミリー・スワロー
日本語版声の出演:置鮎龍太郎、三木眞一郎、下山ア綾香、小形満、志村和幸、臼木健士郎、岡井カツノリ、宮本淳、宮本誉之

Netflix(ネットフリックス)で視聴する

 

 

 

「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」あらすじ

1455年、ワラキアで医者になることを志し吸血鬼ドラキュラの元に向かった一人の女性リサ。高い科学知識を持っていると評判のドラキュラは吸血鬼を恐れないリサと彼女の思想に好意を持ち、のちに彼らは結婚する。そして二人の出会いから20年後、リサの勧めで行っていた”人間と同じような旅”から帰ったドラキュラの目の前にあったのは焼け落ちた自身の屋敷だった。リサは科学の力でたくさんの人を救っていたが、科学の存在を認めていなかった教会によって”魔女”として捕らえられ、トゥルゴヴィシュテで火あぶりの刑にあわされたと老婆に聞きかされたドラキュラは怒り、トゥルゴシュテに宣戦布告に行く。「一年の猶予をやる。その間にワラキア去れ」と宣言するドラキュラ。そして一年の間地獄から魔物を集め軍団を作ったドラキュラはちょうどリサの死んだちょうど一年後、ワラキアに魔物の群れを放ったのだった。

悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア 宣戦布告(C) FREDERATOR NETWORKS,INC A WOW! UNLIMITED MEDIA COMPANY

 

「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」は1986年ファミコンで発売されたゲームが元になっている

確かにこんなんだったわー(下画像参照)。当時はゲーム画面の描写はこの程度なので知らない人には分かりにくいだろうけど、この画像で真ん中下くらいにいる主人公キャラのシモン・ベルモンドがムチを振っている絵である。主人公の武器がムチってなにさ?なんかカッコよくないけど…。と子供ながらに疑問は常にあったが魔物退治専用の清めてあるムチらしい。当時のゲームの限界でムチという設定ではあるものの、紐っぽい使われ方は一切しないという、ただただ疑問だけが残るシモンの武器だったが今思えば悪魔城ドラキュラ=ムチみたいなところもあるし、意外とゲームを印象付けるためのマーケティング手法だったのかもなぁ、と思わなくはない(真相は知らない)「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」の主人公と思われる「トレバー・ベルモンド」はファミコン版の主人公シモン・ベルモンドの先祖にあたり、本作ではシモンの時代から200年ほど前の話を描いている。またこの「トレバー・ベルモンド」さんはゲームの設定上では「ラルフ・C・ベルモンド」に当たるらしい。実際1986年にこのゲームを作った時にはメーカーもそんな深く考えてなくて、後付けでどんどん継ぎ足していったんだろうなぁ、と想像できる。ここにコナミの公式設定があるけれどネタバレを全く知りたくない人はみないほうがいい。この公式サイトには年表が乗っててほー、こういう流れなんだなぁ、ジョジョばりに歴史設定がなげーなーとか思いながら家系図らしき図を目で追うなんてことはしないほうがいいかも!?何がどうなってそうなるのかわからないけれど、「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」の結構意外な結末の欠片が見えてしまいます。まぁ長いシリーズだし、設定も途中でブレているし(笑)アニメ版はオリジナルストーリーが進んでいくなんて話はよくあることなので、さほど気にするものでもないかもしませんけど。

http://furyufuryu.jugem.jp/?month=200908

※画像お借りしました。

 

 

「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」 なぜ今アニメ化?

よくわからないがドラキュラをムチでシバきに行くゲームという印象のまま、初代以降「悪魔城ドラキュラ」のゲームをプレイした覚えは僕にはないのだけれど、それからも続編が出ていたそうで、北米でも「Castlevania」という題名でリリースされ続けている人気シリーズになっていたらしい。それでも最新作は2008年になっているし、なぜ今になってこのゲームの製作をしかもゲーム会社のコナミ主導ではなくNetflixがするという色々謎が多い本作。だが、もしかするとそんなチョイスこそがNetflixの言う独自のアルゴリズムで設計されたコンテンツたる証拠のかもしれない。アルゴリズムで作品を設計するだなんて、なんか人間味がないし失敗してしまえばいいのにと思わなくはないけれど(笑)、面白いならそれもまた良し。アルゴリズムによって面白い作品ができるのならもうこれはSFの領域だよね。それはそれで興味深い。

悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア トレバー(C) FREDERATOR NETWORKS,INC A WOW! UNLIMITED MEDIA COMPANY

 

 

 

もうアニメ後進国とは呼ばせない「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」のクオリティ

先日の「BLAME!」は見ていないですが、「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」を見るとアメリカがアニメ後進国ではないことがわかると思う。製作はアメリカの製作会社が手掛けているが「シンプソンズ」だとか「サウスパーク」みたいな絵のアニメではなく、日本のアニメっぽい仕上がりになっています。僕はさほど作画にうるさいほうではないけれど、これは結構作画は頑張ってるってやつじゃないんだろうか。なんせ人が殺される描写がかなりグロい。「ベルセルク」の蝕ぐらいグロい(※注 漫画版)。そのグロさもテーマに沿っているし、うわ、キモって思った分だけ期待感が高まります。

悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア グロシーン(C) FREDERATOR NETWORKS,INC A WOW! UNLIMITED MEDIA COMPANY

 

 

「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」 ざっくり感想

シーズン1として配信された4話は物語で言えばプロローグにすぎず、”今からこんな物語やりますよ”という程度の内容ではあるが、”魔女狩り”で人間の手によって人間が殺されたことを怒る吸血鬼、という吸血鬼のほうがよっぽどマトモに見えるという世界観がまず興味深い。実際中世だったり、昔の価値観って結構イカれることが多々あるのが事実だと思うけれど、魔女狩りにしても現代の差別にしてもなんだかんだ人間が普遍的に持つ陰の部分であって環境さえ悪い方向に整えば露呈してしまう…。それが人という生物の習性なのかもしれない。なーーーーんてことを連想してしまうほど、たった4話でグロさと狂気と民衆心理がうまく描かれていると思う。ストーリーとしてはまだメインストーリーが始まってすらいないような展開なので★5としているけれど、残り8話の追加は既に決定しているので続きが楽しみな作品です。

悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア 火あぶりのリサ(C) FREDERATOR NETWORKS,INC A WOW! UNLIMITED MEDIA COMPANY

 

「悪魔城ドラキュラ」シーズン2は2018年夏配信予定