スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

【11月6日は記念日】ストレンジャー・シングス【シーズン3は2019年】

おすすめ度:★★★★★★★★★☆(9点)

ネットフリックスドラマ ストレンジャーシングス タイトル(C) 2016, Netflix Studio, LLC

ネットフリックスの誇る人気SF海外ドラマ「ストレンジャーシングス」

原作・制作:ザ・ダファー・ブラザーズ
出演:ウィノナ・ライダー、デヴィッド・ハーバー、フィン・ヴォルフハルト、ミリー・ボビー・ブラウン、
ゲイテン・マタラッツォ、ケイレブ・マクマフリン、ナタリア・ダイアー、チャーリー・ヒートン、カーラ・ブオノ、マシュー・モディーン

Netflix(ネットフリックス)で視聴する

 

スポンサードリンク



「ストレンジャーシングス」 あらすじ

1983年11月6日、インディアナ州で、12才の少年ウィル・バイヤーズが失踪する。ウィルの母のジョイス・バイヤーズ(ウィノナ・ライダー)は半狂乱となって息子を探すが息子の姿はどこにもなく、森でウィルの乗っていた自転車だけが見つかる。時を同じくして警察署長のジム・ホッパー(デヴィッド・ハーバー)がウィル・バイヤーズの捜査を始め、同じくウィルの行方を追っていたマイク(フィン・ヴォルフハルト)たち三人の少年と出会う。翌日、不思議な能力を持つ謎の少女が現れ、暗く邪悪な物事も起き始める。

海外ドラマ ストレンジャーシングス ホッパー署長(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 

 

「ストレンジャーシングス」の徹底された80年代感の秘密

『ストレンジャー・シングス』はレッドドラゴンというデジタルカメラで撮影されたらしいのだけど、ドラマに80年代感を出すため、本物のフィルムのノイズが映像に足されていたそう。またライターたちはドラマ製作がはじまるまでに『E.T.』『スタンド・バイミー』など80年代名作映画を数えきれないほど鑑賞していたのだとか。管理人はリアルタイムで見た最も古い映画が80年代の映画なのではじめは懐かしいというよりも古臭いと思ってしまったけれど、このこだわりぬいた’80年代テイストの演出が古いけど新しいという独特の世界観を作り出している。

海外ドラマ ストレンジャーシングス 驚くマイクたち(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 

 


スポンサードリンク




「ストレンジャーシングス」の見どころは’80年代な世界観だけではなく、とにかく目が離せない展開にある

いなくなったウィルを探すマイク、ルーカス、ダスティンと謎の少女11(イレブン)。少年たちの冒険はなかなかスリルのあるドラマなっている。配信が開始した2016年に「ストレンジャーシングス」はアメリカで一躍ブームになったのも納得のクオリティ。一見どこかで見たような(たぶん80年代調の演出のせいもあるのだけれど)ストーリー展開であるにも関わらず、見始めるとその展開に目が離せない。2016年の時点では日本でのネットフリックスの普及率が低かったこともあってそこまで大きな話題にはならなかったけれど、2017年10月のシーズン2は大きな話題になるのではないだろうか。

海外ドラマ ストレンジャーシングス 叫ぶイレブン(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 

 

母親役ウィノナ・ライダーの芝居がすごい

’90年代映画ではハンパない透明感だったウィノナ・ライダーもすっかりウィルの母親役が板についている。特筆すべきはその演技力。90年代にはアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を取っているだけあって息子を心配する精神的にもろい母親役が本当に見事。そんな彼女の周りには奇妙なことが起こり始めるんだけど、まるで気がふれたかのようなジョイスの振る舞いのために彼女はだれにも信じてもらえない。その説得力はウィノナ・ライダーの演技力あってこそだと思う。

海外ドラマ ストレンジャーシングス ジョナスとウィルの通信(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 

 

スポンサードリンク



「ストレンジャーシングス」の古き良き王道感

“続きが見たい”感は「ストレンジャーシングス」の世界観に入り込むことさえできれば常に満たされると思う。少なくともシーズン1は色々な意味で古き良き王道なストーリー。80年代映画を研究しつくしただけあって、当時の映画の持つ良さが随所にちりばめられていて、若干安っぽいセットが出てくるのも多分敢えてなんだろうなと思わざるを得ないほど細かいところまで凝っている。ストーリーに登場するのが超能力少女やら、謎のモンスターやらで一歩間違えばただのB級作品になりそうなストーリーなのだけど、古い感じはしても妙な説得力があるのは正直不思議ですらある。クリエイターのマット&ロス・ダッファー兄弟が Rolling Stone 誌に語ったところによると、15~20局の放送局にアイデアを持ち込みそして断られた末Netflixにたどり着いたのだそう。実際に製作された作品を見て驚くのだから、企画段階で見送りたくなる気持ちはわからなくもない。

海外ドラマ ストレンジャーシングス マイクたち(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 

 

「ストレンジャーシングス」 シーズン1 ネタバレなし 感想

80年代が舞台で、演出もかなり80年代風。タイトルのフォントすら古さがにじみ出ている。実際この古さが少し鼻について、管理人は一度一話目の途中で見るのやめたのだけどその後なんとなーく再生してみると…これが面白くて再生を止める暇がない(笑)全8話ということもあってまにさに一気見でした。その後「ストレンジャーシングス」について調べるとあえて古臭く作っているということで、言われてみれば80年代の映画スタッフがタイムスリップして現代で映画を撮ったんじゃないかってくらい80年代色が強い世界観になっている。またそんな世界観にテンポの良い展開の脚本が合わさってとてもクオリティの高いに作品なっている。子供の頃見たちょっと怖い映画だったり、スタンドバイミーのような少年時代の友情だったり、古き良き王道なストーリーを詰め込んだようなドラマ。少し間違えるとただのB級作品で終わってしまいかねない題材を細部までディテールにこだわった結果、ただの80年代っぽい作品の焼き直しというレベルを一段超えた作品になっていると思う。また人気が出たら引っ張れるだけ引っ張るタイプのドラマではなく、現時点で全4シーズン決まっているという点でも次シーズン以降が期待できると思われる。

海外ドラマ ストレンジャーシングス トランシーバで話すマイク(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 



スポンサードリンク



「ストレンジャーシングス」シーズン2は10月27日配信

シーズン2の配信が10月27に迫っているけれど、シーズン2の配信を待つ必要は全くない。それというのもシーズン1である程度オチもつくし、次シーズンにつながる謎もそこそこ残るからだ。適度なサイズ感の中でほとんど退屈しない作りになっているという無駄のなさ、クオリティの高さで個人的にシーズン2配信前の10月時点では未だ個人的ネットフリックスオリジナルシリーズランキングでは1位としている。

海外ドラマ ストレンジャーシングス 振り返るエル(C) 2016, Netflix Studio, LLC

 

 



スポンサードリンク