スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

  1. 【一気見推奨】マイブロック on my block【ヒスパニック系ティーンドラマ】
  2. さすがに打ち切り「アイアンフィスト」
  3. Netflixドラマ「イノセント El inocente」ネタバレなし レビュー
  4. ネットフリックス 笑える作品
  5. 台湾ブラックミラー「子供はあなたの所有物じゃない」
  6. ネットフリックス 泣ける作品
  7. Netflix(ネットフリックス)おすすめオリジナルドラマランキング【2021年版】
  8. ブラックミラー【オススメ10選+各話評価+シーズン5ネタバレなし感想追記】
  9. Netflixで見る絶対にハマれる超名作アニメ【完結作品】
  10. 【オランダドラマ】アンダーカバー 秘密捜査官

「Happy!」まさかのシーズン2

スポンサーリンク

新着記事

Netflixオリジナルドラマ「ブリジャートン家」レビュー

Netflixドラマ「ブリジャートン家」 Bridgerton 詳細 ブリジャー ...

Netflixドラマ「瞳の奥に Behind her eyes」ネタバレなしレビュー

Netflixドラマ「瞳の奥に behind her eyes」詳細 出演:シモ ...

Netflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」レビュー

「今際の国のアリス」詳細 「今際の国のアリス」:2020年 日本監督:佐藤信介 ...

Netflixオリジナルドラマ「クイーンズギャンビット」ネタバレなしレビュー

Netflixドラマ 「クイーンズギャンビット」 詳細 クイーンズギャンビット ...

Happy-タイトル
(C)2017 UNIVERSAL CABLE PRODUCTIONS LLC

元警官→現殺し屋→ヒーロー?「Happy!」

「Happy!」 ネットフリックスオリジナルドラマ 2017年 アメリカ シーズン1
全8エピソード(1話40分程度)
原作・制作:グラント・モリソン
出演:クリストファー・メローニ, リリ・マイロニック, グレン・ウェイン, パトリック・フィスクラー, トビー・ジャッフェ, リッチー・コスター, グラント・モリソン, パヴン・シェッティ, メディナ・センゴア, パットン・オズワルト

HAPPY! Trailer Season 1 (2018) SyFy Series

 

 

 

 


スポンサードリンク




「Happy!」あらすじ

Happy-ニックとHappy
(C)2017 UNIVERSAL CABLE PRODUCTIONS LLC

元警官で現殺し屋のニック・サックス(クリストファー・メローニ)は、スカラムッチ3兄弟を殺すという依頼を受ける。ところが依頼内容はスカラムッチ3兄弟殺すことだったのだが、予定外に現場にいた末っ子マイキーまで殺すことになった。マイキーは組織のボス、ドン・スカラムッチのお気に入りで彼の死ぬ間際に”パスワード”を受け取っていたのだが、それが何かを知らないニックはマイキーが”パスワード”貴重なものだと主張するものの、内容を聞くこともなくあっさりとマイキーを殺してしまう。その後心臓発作に倒れるニック。目を覚ますと目の前にはHappyという名前のぬいぐるみサイズの宙に浮かぶ青いユニコーンがいた。

「ヘイリーを助けて」

自分を小学生の女の子ヘイリーの”想像上の生き物”だというHappy。Happyはヘイリーが今ピンチに陥っているため助けてほしいとニックに頼むのだった。Happyの存在を薬の副作用による幻覚だとしか思わないニックだったが、マフィアによる襲撃を受けた際にHappyが相手の人数を当てたことから、徐々にHappyの存在を信じ始めるのだった。

 


スポンサードリンク




「Happy!」ヒーローモノと言えばそうだが

主人公ニック・サックスは元警官ではあるものの、現殺し屋であるということもあり「Happy!」は普通のヒーローモノとは若干毛色が違う。例えば「デアデビル」だとか「ブラックパンサー」のように街の平和のために戦うタイプのヒーローではない。つまりヒーロー主人公によくあるヒーロー業と私生活との両立への葛藤だとかベタな展開はストーリーには登場しない(少なくともシーズン1では)。僕のように最近量産されまくっている”市民のためのヒーロー”に飽き飽きしている人には試しに見てみてはどうだろう。



スポンサードリンク



「Happy!」心臓病持ちの殺し屋「ニック」

Happy-殺し屋ニック
(C)2017 UNIVERSAL CABLE PRODUCTIONS LLC

酒浸りで心臓病を持病に持ちニトログリセリンが手放せないニック。腕の良い殺し屋のようだが比較的大事な場面で心臓発作を起こしてしまったり、比較的ドジだったり、結果としてはあまりスマートに仕事ができないようだ。