大人コメディ「パパと娘のハネムーン」

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆(7点)

パパと娘のハネムーン-タイトル LIKE-FATHER
(C) 2018 Netflix US, LLC and Netflix International, LLC

傷心コメディ「パパと娘のハネムーン」 Like father

監督:ローレン・ミラー・ローゲン
脚本:ローレン・ミラー・ローゲン, アンダーズ・バード
出演:クリステン・ベル, ケルシー・グラマー, セス・ローゲン, ポール・W・ダウンズ, ザック・アペルマン, レナード・ウーツ, ブレア・ブルックス, アンソニー・ラチューラ, メアリー・ローラム, ブレット・ゲルマン, ジョン・フォスター
Netflix(ネットフリックス)で視聴する

 


スポンサードリンク




「パパと娘のハネムーン」あらすじ

パパと娘のハネムーン 豪華客船
(C) 2018 Netflix US, LLC and Netflix International, LLC

結婚式当日、誓いの儀式ギリギリまで電話で仕事をしていたワーカホリックのレイチェル(クリステン・ベル)に愛想を尽かし婚約者オーウェン(ジョン・フォスター)は結婚を取りやめてしまう。そのゴタゴタの中、列席者の中にレイチェルは26年前に彼女の前から姿を消した父親ハリー(ケルシー・グラマー)の姿を見つける。破談になった式の翌日、ハリーはレイチェルの元を訪れ「一杯やらないか」と誘い、やけっぱちのレイチェルとハリーは記憶がなくなるほど酒を飲む。そして気づくとレイチェルはハリーと一緒に海の上、新婚旅行でオーウェンと行くはずだった豪華客船の客室で目覚めるのだった。

 


スポンサードリンク




クリステン・ベルとケルシー・グラマー

パパと娘のハネムーン-レイチェルとハリー
(C) 2018 Netflix US, LLC and Netflix International, LLC

「ベロニカ・マーズ」や「アナと雪の女王」、最近で言えば「GOOD PLACE」のクリステン・ベルと6度もエミー賞を受賞しているケルシー・グラマー。アナ役のクリステン・ベルはもちろんだけれど、ケルシー・グラマーもアニメ「シンプソンズ」で声優としてエミー賞を受賞していたりと、二人とも声優で評価を得ているという共通点もあったりする。

 



スポンサードリンク



ロイヤル・カリビアンのCMみたいな映画

パパと娘のハネムーン-ハーモニーオブシーズ
(C) 2018 Netflix US, LLC and Netflix International, LLC

Harmony of the Seas ハーモニー・オブ・ザ・シーズ
酒の勢いで乗ってしまった豪華客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」にゆられ、26年ぶりの再会を果たした父と娘がともに時間を過ごすのだけれど、多くが豪華客船を紹介する旅番組みたいな内容になっている。とは言え見たことがなければ、びっくりするくらいデカい船内とその中の豊富過ぎる施設に普通に驚かされるのではないだろうか。レイチェルとハリーが乗った「Harmony of the seas」号も実際に予約できるし、半分CMじゃないかと思わなくはないが良いプロモーションではある。また映画内の部屋、料理の豪華さを見ると一体いくらするんだろう?と思ったけれど、スイートルームで西カリブ海7泊8日が約30万円と意外と安い。もちろん映画と同じ内容ではないだろうけど正直乗って見たくなったのは確かだ。

 



スポンサードリンク



「パパと娘のハネムーン」働きすぎのあなたにおすすめ

パパと娘のハネムーン-レイチェルと仲間
(C) 2018 Netflix US, LLC and Netflix International, LLC

忙しく仕事を忘れられないレイチェルのようなワーカホリックが船の上で強引に休暇を取らされ、リラックスしていく様を見るのは、日々仕事に追われている日本人サラリーマンなら癒されるのではないだろうか。

 


スポンサードリンク




「パパと娘のハネムーン」 ネタバレなし 感想

パパと娘のハネムーン-クリステン・ベル-ケルシー・グラマー
(C) 2018 Netflix US, LLC and Netflix International, LLC

疎遠だった父と娘が酒の勢いで豪華客船に乗ってしまい数日は身動きが取れない状態から父と娘の関係を再構築していくという内容。レイチェル役クリステン・ベルとハリー役ケルシー・グラマーの大人の父娘という距離感が絶妙で、26年もの空白があったにも関わらず親子としての距離感を縮めていく様に違和感を覚えることはなかった。豪華客船のリゾート気分が味わえて、クスっと笑えて、ほんのり泣ける。ただ、さほど驚きのあるストーリー展開ではないので、人によっては退屈に感じるかもしれないが日頃仕事に疲れた人にはお盆休みにはうってつけの映画だと思う。とてもリラックスできる映画。