スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

  1. 【シーズン3へ】キングダム【16世紀韓国ゾンビ】
  2. Netflix(ネットフリックス)おすすめオリジナルドラマランキング【2020年版】
  3. さすがに打ち切り「アイアンフィスト」
  4. 【2020】Netflix 厳選おすすめ映画
  5. 【2020年】Netflixオリジナル映画ランキング
  6. 【2020】ネットフリックス 泣ける作品
  7. ブラックミラー【オススメ10選+各話評価+シーズン5ネタバレなし感想追記】
  8. Netflixドラマ「ヴァージンリバー」レビュー
  9. 【2020】ネットフリックス 笑える作品
  10. Netflixドラマ「ホーム・フォー・クリスマス」レビュー

IMdbスコア脅威の9.2台湾ドラマ「悪との距離」レビュー

スポンサーリンク

新着記事

2020年7月配信作品 Netflix 最新ラインナップ

Netflix2020年7月は映画配信で「新聞記者」、「万引き家族」、「ジョーカ ...

韓国ラブコメ キム秘書はいったいなぜ? レビュー

キム秘書はいったいなぜ? 韓国ラブコメディ 詳細 キム秘書はいったい、なぜ? 2 ...

Netflixアニメ「日本沈没2020」レビュー

アニメ 日本沈没2020 概要 監督:湯浅政明 出演:上田麗奈、村中知、佐々木優 ...

Netflixドラマ「13の理由」レビュー シーズン4(完結)

「13の理由」シーズン2ネタバレなしレビューはこちら 「13の理由」シーズン3ネ ...

Netflixドラマ「呪怨 呪いの家」レビュー

Netflixドラマ「呪怨 呪いの家」 出演:荒川良々、黒島結菜、里々佳、長村航 ...

Netflix悪との距離

IMdbスコア9.2の台湾ドラマ「悪との距離」

監督:リン・ジュンヤン
主演:アリッサ・チア、ウェン・シェンハオ、クリス・ウー、トレーシー・チョウ、チェン・ユー、ツォン・ペイツー、リン・ジェーシー、ホンジュラス、シー・ミンシュアイ、アリソン・リン

<衛星劇場2018年10月>台湾ドラマ『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』 日本初放送 60秒予告

「悪との距離」あらすじ

突如映画館で銃を乱射し無差別殺人を起こした李暁明(リーシャオミン)が逮捕起訴され、約二年。動機など多くの事柄について黙秘を続け精神鑑定も拒否した李暁明には死刑判決が下っていた。加害者の家族は世間からの非難の目から隠れるように生き、被害者家族はいまだ嘆き悲しんでいた。李暁明はなぜ無差別殺人を起こしたのか。人権派の弁護士王赦(ワンシー)は、無差別殺人という事件を止めるため李暁明の弁護をし同じような事件が起こさないよう彼を理解するに努めた。一方李大芝と名前を変え、ニュース番組の制作会社へ入社した李暁明の妹は奇しくも無差別殺人の被害者家族を上司に持ってしまう。

「悪との距離」登場人物/キャスト

李大芝(リータージー)/ ユー・チェン

 

この投稿をInstagramで見る

 

工作完來自拍一下 謝謝小藍瓶💃🏻 累了不可愛,需要好氣色, 非常時期感謝有你~~~ #ChocolaBB #ChocolaBBLucentC

陳妤Yu Chen(@cowabungayu)がシェアした投稿 –

李暁明の妹。事件後に名を変え、無差別殺人犯の妹であることは隠してSBCニュースで働いている。

王赦(ワンシャー)/ ウー・カンレン

 

この投稿をInstagramで見る

 

#吴慷仁 #吳慷仁 日本雜誌採訪 #ウーカンレン #呉慷仁

吴慷仁叔叔的一根小粉丝儿(@kkangrren1124)がシェアした投稿 –


無差別殺人犯である李暁明の弁護士。人権派でありながら、無差別殺人の再発を防止するため李暁明の弁護を引き受けている。

喬安(チャオワン) / アリッサ・チア

 

この投稿をInstagramで見る

 

怪⋯ #elletaiwan

賈靜雯(@alyssachia)がシェアした投稿 –

李暁明に息子を殺されたSBCニュースの局長。

 

「悪との距離」ネタバレなし感想

台湾で高評価を得たと言われる本作「悪との距離」だが、内容はかなり重い。映画館で突如無差別殺人を起こした李暁明(リーシャオミン)は動機などについては黙秘、精神鑑定も拒否していることから死刑判決が下っていた。李暁明の弁護し、どうして無差別殺人が起こったのかを究明しようと奮闘する王赦()、無差別殺人に息子が巻き込まれたジャーナリストの被害者家族、名前を変えて生きる加害者の妹とその家族。一つの無差別殺人事件を様々な角度から描くヒューマンドラマになっている。

内容的にもセンシティブで、無差別殺人の犯人の加害者家族が受ける社会的制裁であったり、被害者たちのやり場のない怒りと悲しみであったり、精神病患者が危険視されるという現実などが描かれかなり考えさせられる内容になっている。特にこのドラマでは「加害者、被害者双方の家族」が主眼に置かれていて、日本でならドラマというよりも映画館でしか描かれないような内容のドラマだ、といえば少しは想像がつくだろうか。

例えば無差別殺人にあった被害者の家族はどう悲しみを沈めればいいのか。

例えば無差別殺人を行った犯人の家族はどう生きればいいのか。もう幸せを感じることは許されないのか。

従来の映画やドラマであれば、フォーカスを当てるのは無差別殺人のほうであることが多いとは思うが、このドラマは無差別殺人事件の後の被害者、加害者の家族の人生を濃厚に描くという部分が新しくまた重い。そして事件の2年後から描かれることもありストーリーとしては比較的ゆっくりで起伏は少ないため、わかりやすく面白い作品ではないと思う。

ただ現実に起こりうる話であるのにも関わらず、描かれることが少ない内容であるということや、独特の雰囲気も合わさって刺される人には刺さるドラマではないだろうか。続編の制作もすでに決定しているそうだ。