スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

スポンサーリンク

【2019】Netflixオリジナル映画ランキング

スポンサーリンク

Netflixおすすめ映画ランキング 第13位 最悪の選択 Calibre

Calibre最悪の選択(C)Calibre Films Ltd.MMXVII

ヴォーン(ジャック・ロウデン)は友人のマーカス(マーティン・マッキャン)に誘われてハイランド地方の田舎町に狩りに出かけた。そしてそこで思いもしない不運に見舞われてしまいある難しい選択を迫られることになる…というスリラー映画。原題は「Calibre」で”口径”という意味になる。邦題の「最悪の選択」だとなんだか安っぽく聞こえるかもしれないが、内容はかなり濃く、登場人物たちの心理や思考がかなりリアルなのが逆に良いギャップだった。主人公たちに降りかかるちょっとした不運からはじまる田舎町なんかではたまにありそうな、でもあったら怖い事件を描く。派手さは無く、事件の類もかなり小規模だけれど良い映画だったと思う。


スポンサードリンク



Netflixおすすめ映画ランキング 第12位 ゲームオーバー

ゲームオーバー-タイトル
(C)2018 Netflix US, LLC and Netflix international, LLC

ダメ男3人組アレックス(アダム・ディヴァイン)、ダレン(アンダーズ・ホーム)ジョエル(ブレイク・アンダーソン)の勤務先の高級ホテルがある日テロリストに占拠されるものの、偶然にもテロリストに発見されなかった彼ら(のうち特に一人)は怖がるどころかノリノリでヒーローになるチャンスを掴もうとする…というストーリー。ダイハード的シチュエーションで展開される完全に狙ったB級おバカコメディ。振り切ったおバカっぷりはTEDの一作目を超えているかもしれない。またある意味Netflixだからできる映像表現に大いに笑わされた。ただ下品なので注意が必要ではあるものの下ネタで笑える大人の男女にはぜひおすすめしたい作品。でもあくまでB級映画なので過度の期待は禁物。

Netflixおすすめ映画ランキング 第11位 いつかはマイベイビー Always be my maybe

Netflix いつかはマイベイビー サシャとマーカス
(C)2019 NETFLIX US, LLC NETFLIX INTERNATIONAL, LLC
コメディアンで韓国系アメリカ人のランドール・パーク(マーカス・キム役)と同じくコメディアンで中国人とベトナム人のハーフのアリ・ウォン(サシャ・トラン役)らによるラブコメディ。幼馴染でベストフレンドだった二人がマーカスの母の死をきっかけに疎遠になり16年、サシャは超有名なシェフになっており地元サンフランシスコにレストランを開くために戻ってきて久しぶりの再会を果たす。マーカスは父親と働き地元で売れないバンド活動をしていた。16年も連絡を取っていなかったにも拘わらず再会すると息ぴったりの二人はもどかしくもまたひかれあう、という話。斜に構えてしまうと色々ご都合主義のストーリーではあるものの、ラブコメはこれでいいと思う。スタンドアップコメディではいつもドギツイ下ネタを赤裸々に話すアリ・ウォンが眼鏡をはずすと意外に美人という、漫画みたいな驚きもあった。良いラブコメ。(2019年6月4日)

 

Netflixおすすめ映画ランキング 第10位 パーフェクション Perfection

The Perfection

 

アメリカのフィルムフェスタ「Fantastic Fest」で最も話題になった作品として聞こえてきていた本作。確かに最後まで見た人は話題にしたくなるような内容ではあった。ざっくり言ってしまえば、見てる人を驚かせたり、スリリングな気分にさせるために細かい(かどうかが議題の一つになりそうだが)ディテールを惜しげもなく捨てているという作品である。かと言ってB級映画的な面白さかと聞かれればそうではない。イマイチ理にかなっていないような(気がする)登場人物の心境や行動を大目に見れば、正統に面白い映画のような驚きだったり二転三転する先の読めない展開を十分に楽しめると思う。個人的に見た感覚として結構面白かったけれど、これをキッパリと面白かったと言ってよいのかとても難しいし、見る人によって評価は分かれる作品だと思う。

 

Netflixおすすめ映画ランキング 第9位 正義のレジスタンス The Resistance banker

正義のレジスタンス_ファン・タイルたち
(C)2018 NL FILM EN TV BV・ZILVERMEER PRODUCIONS BVBA

第二次大戦中ナチスドイツの占領下にあったオランダでレジスタンスを支援した地下銀行を運営した男たちを描く実話を元にした物語。ドイツ軍と対抗するためにオランダの銀行員たちが銃を使わずにドイツに対する抵抗の支援をするという、縁の下の力持ちな人たちのストーリー。当時は明かされることのなかった歴史であるという。

「あいつら俺の朝の散歩コースを無茶苦茶にしやがったんだ」

1940年に降伏したオランダではユダヤ人以外はそこそこ普通に生活できており、なかなかわざわざドイツ人ににらまれることをしたがらないオランダ人が多い中命の危険を冒してレジスタンスを支援しようとする男たちが熱い。まるでジャンプ漫画の登場人物みたいな男気で集まる地下銀行への協力者たち。また先頭きって危険を顧みずに金を集め続けるウォーリー。これが実話なのだから驚く。日本以外の視点から見る第二次大戦という歴史的な意味でも面白い。

 



スポンサードリンク



Netflixおすすめ映画ランキング 第8位 ジェラルドのゲーム

ジェラルドのゲーム-タイトル
(C)2017 HANDCUFFS, LLC

スティーブン・キング原作のホラー。マンネリした夫婦の性生活に刺激を求めて人里離れた別荘にやってきたジェラルド(ブルース・グリーンウッド)とジェシー(カーラ・グギーノ)だったが、ジェラルドが始めたある”ゲーム”のせいでジェシーは精神的にも肉体的にも追い詰められていくというストーリー。視聴者の想像力をうまく掻き立てる演出が秀逸。また視聴者心理がうまく誘導されるようにできていて、ある程度先の展開が読めるように見えるのだけれど…。折角なので、ぜひその続きは品を見て知ってほしい。良作ホラー。

 

 



スポンサーリンク



Netflixおすすめ映画ランキング 第7位 バードボックス Bird Box

バードボックスbird box マロリー

サンドラ・ブロック主演のSFスリラー。世界中で人間の集団自殺が起きている未来で生き残るために人間がしたことは、”見ない”ということ。分かっているのは、”何かを見た人間”はなぜか自害してしまうということだけ。「外へ出たら何も見てはいけない、目隠しを取ってはいけない」と切迫した様子で子供に教えるマロリー(サンドラ・ブロック)と子供二人が目隠しをしたまま手探りに家から出るという序盤からかなり引き込まれる。文字通り「見えない恐怖」をこんなにも感じることができる作品は今までなかったのではないだろうか。人間の恐怖とは想像力である。そしてその方向性の想像力を見事に喚起させられる作品だったと思う。アメリカでバードボックスゲームが流行るのも納得の面白さだった。(2019年1月)

 

Netflixおすすめ映画ランキング 第6位 バスターのバラード

(C)2018 Pan Shot Productions, LLC

コーエン兄弟による西部劇短編集。表題の「バスターのバラード」をはじめ西部開拓時代を舞台に6話のショートストーリーが描かれる。カウボーイ、酒場、対決、みたいなまさに西部劇という舞台を材料にコーエン兄弟らしい話づくりが新鮮。まともな法律が機能しておらず、平然と人のものを奪い、銃で撃たれたりする野蛮な時代ではあるものの、ある意味人間の本質をシンプルに描いているように見えたり、ただのエンターテイメント作品にみえたりと各話毎、また見る人によって印象は変わってくるだろう。コーエン兄弟作品のどこかトボけたノリも健在。(2018年11月)

Netflixおすすめ映画ランキング 第5位 The Dirt :モトリークルー自伝

shout to the devil ザ・ダート
(C)2019 Netflix US,LLC and Netflix International, LLC

1980年代のLAメタル代表的バンド「モトリークルー」のバンドメンバーが自ら書いた同名の自伝書籍の映画化。バンド結成からの隆盛を描く。パっと見ベタなロックスターの栄光と凋落だけど、モトリークルーの素行の悪さは間違いなく1、2を争うだろうといえるほど酷い。ロックスターってこんな感じという先入観を地で行き、さらに超えてくるという彼らのイカれた日常を描きながら、ロックという音楽の本質を説明することなく表現している。ロックが好きな人じゃないとさほど刺さらないかもしれないけれど、映画を通して当時のバンドの勢いすらも伝わってくるとすら思える素晴らしい出来だと思う。ビジュアル的にもかなり本物に寄せて合って面白い。なんにしても本物のロックスターという人種がいかにイカれているか、という部分が一番の魅力。途中で出てくるオジーオズボーンもかなりぶっ飛んでる。

 


Netflixおすすめ映画ランキング 第4位 思いやりのススメ

思いやりのススメ
(c)2015 Revised Fundamentals, LLC

性根のひねくれた筋ジストロフィーの少年とトラウマ持ちの元作家の交流を描く感動作。比較的時間も短いし、例えばお試し期間中に特に見たいものが浮かばなかったら無料期間が終わる前にこの作品をぜひ見てみることをオススメしたい。僕はこの一本のためにネットフリックスに加入しても損はしないと思う。また2017年に話題になったネットフリックスオリジナルシリーズ「13の理由」のプロデューサーとしても有名になった歌手のセレーナ・ゴメスも出演している。

 

 


スポンサードリンク




Netflixおすすめ映画ランキング 第3位 最初に父が殺された

最初に父が殺された タイトル
(C) 2017 RoLEAP FILMS, LLC

アンジェリーナ・ジョリー監督作品第4作目にあたる本作は彼女の養子の一人の母国カンボジアで起こった悲劇、1975年から1979年までのポルポトがカンボジアを支配した恐怖と殺戮の時代を描く。ここまでアンジェリーナ・ジョリーは監督として特に目覚ましい作品を世に送り出してきたわけではないようだけど、この作品は段違いに素晴らしい。今まで僕は戦争映画が苦手でなかなか感情移入できる作品に出会わなかったのだけれど、この「最初に父が殺された」では号泣。ある少女の記憶として描かれる演出は戦争を知らない世代でも戦争の一端を疑似体験できると言ってしまっても過言ではないかもしれない。戦争映画はイマイチ苦手だという人にこそ見て欲しい。アイディア自体はさほど新しくないかもしれないが、演出全体としては目新しく感じるアプローチの戦争映画。ネットフリックス加入者ならぜひ見て欲しい。

Netflixおすすめ映画ランキング 第2位 ダンプリン Dumplin’

ダンプリン 予備審査の母とウィローディーン
(C)2018 Dumplin’ Productions. Inc

【あらすじ】見た目や他人の物差しで判断されることにへき易したテキサスの高校生ウィローディーンが抗議の意を込めて、元ミスコン女王が運営するコンテストに応募する。

はっきり言ってデブの主人公ウィローディーンがただただ抗議の意味でミスコンに出ると決めた時点で「え、で何がしたいの?それって抗議になるか?」と彼女の行動が意味不明すぎて冒頭は疑問しか浮かばない。でもこの映画を最後まで見るとウィローディーンが何がしたかったのか伝わってくる…はずだ。この映画には女性の美しさとは何かすごく考えさせられ、そもそも女性の美しさをに対する固定観念が僕らの中にガッチリとあることに気づかされる。

「いやデブはデブだし、ほぼイコールでブサイクでしょ」と思考を停止してしまうとこの映画は楽しめない。

太っている女性は美しくないと誰がいつ決めたのだろう?そんな僕らの美しさに対する先入観をかなりうまく壊してくれる映画になっていると思う。「ダンプリン」は最近よくある「あたし太ってる。でも大丈夫」系のかるーいコメディではない。ストーリーはコミカルに進みながら内容はめちゃくちゃマジメ。というよりむしろ、映画の持つ強すぎるメッセージをコメディ調の演出でより多くの人に伝えようとしているように思える。男女共に容姿の良し悪しに関する現実はもっと厳しいものだと思うけれど、そんな現実世界で生きる僕たちが納得できる程度の夢のある展開がとても魅力的な映画。自分の中でパラダイムシフトこんな簡単に起こってしまう…これこそ映画の力だよな、と改めて思わされた素晴らしい映画だとは思うけれど、万人受けするかと言われたらそうではないと思う。でも刺さる人には絶対刺さるはず。オススメです。よくよく見た人の話を聞いてみると僕のように自己肯定感の低い人に刺さりやすいみたいです(2019年5月9日)

 

Netflixおすすめ映画ランキング 第1位 先に愛した人

先に愛した人 (C)2018 Dear Studio Co., Ltd Company Limited

台湾映画。病気で亡くなった父に男性の愛人がいることがわかり、動揺する息子とその母親、そして父親の愛人の男性の3人の人間模様が描かれる。子供のいる一人の男性がゲイだ、カミングアウトするにことにより周りに起こるリアルな葛藤と、周りがその葛藤にまだ折り合いがついていないのに当人が他界してしまったためやり場がなくなってしまったという現実。大きな混乱で時折見えなくなるけれど、どこかで常に悲しみに向かい合うわざるを得ない3人の心に空いた穴が修復されていく物語になっている。
同じく台湾の「子供はあなたの所有物ではない」で描かれるようなちょっとヒステリックで教育熱心な母親というというキャラクターがまず目を引くと思うけれど、イライラせずに見てほしい。物語は息子の視点で描かれるため息子の落書き風のアニメーションがところどころ実写の上に乗っかってきて息子の心情表現がわかりやすくコミカルに描かれている。そういった工夫で言葉数の少ない息子ではあるものの共感しやすい構造になっていたり、男性愛人役のジョセフ・ホアンの懐っこくて一途な性格であることが伝わってくような名演もあって、メインのキャラクターはすぐに好きになってしまった。ゲイカップルは登場するものの、同性同士の具体的なラブシーンはないので、同性同士に抵抗がある人にも見やすい内容になっているのでぜひ見てみてほしい。言葉にしないそれぞれの愛がヤバい。泣ける。(2019年1月)

《峇里島》- 電影【誰先愛上他的】主題曲

随時更新予定

IMDbやRotten tomatoesで評価が高くても面白く感じなかったりすることも多い管理人の評価ですが、よかったら参考にしてみてください。これからも面白い作品を見つけたら更新していこうと思います。